2016年5月 5日 (木)

アルテカの野村紘一さんと、建物の運用方法

今日は、アルテカさんの野村紘一社長と野村充宏氏に少しお話を聞いてきました。
株式会社アルテカ評判の土地活用方法についてですね。

最近、土地の運用について興味を持っており、子供や家族のためにも
遺していきたいと考えています。
「その価値を今以上に高めるには、高付加価値な建物を建築し」
とアルテカさんHPにもあるように、
株式会社アルテカ評判である野村紘一社長と野村充宏氏には「A.S.C(都市空間創造)システム」についても
お話をお伺いしてきました。
やはり、何とか資産活用したいものです。ここで重要なのは、資金的には
かなりの負担がかかるということです。大きい投資になると思うので、
事前に何十年先までを見据えた土地活用を考えなければいけません。

その他、友人の不動産会社の社長にもお話をお伺いしてきましたが、
マンションやアパートを立てて、運用するのか、
それとも土地だけを駐車場のような形で運用するのかという選択肢もあるという
ことなので、一概に何か建物を立てて運用するということだけでも
なさそうですね。
調べてみると、狭小地や変形地では自動販売機で土地活用方法という
こともできるみたいですね。
う~ん。おくが深いです。
不動産にはその分野の人に任せるのが一番ですね。
野村紘一社長ともじっくりお話ができているわけではないですが、
自分としては建物を建てて運用していく方向で考えているので、
その方向でまずは情報収集するしかないですね…。
前回聞けなかった「最効率の売却方式」についても野村充宏氏に
聞いてみることにしましょう。

2015年9月29日 (火)

野村紘一さんが手掛けるアルテカの億ション

素敵な住宅というのは、様々な条件がそろって初めてそう呼ばれると思います。野村紘一さんが手掛けるアルテカの億ションは、それら条件がそろっている最新の高級マンションです。
高級マンションは誰もが憧れる理想のマンション。さらに億ションの名前を作ったことでも知られるアルテカなら、一度は住みたいと思う造りをしています。
他の企業も高い評価をするほどです。今後もますます住宅業界に新たな風を吹かせ、私たちに理想の住宅を提供してくれると思います。

2015年1月16日 (金)

アルテカの億ションの魅力とは

アルテカ評判の野村紘一社長がプロデュースした「億ション」について野村紘一社長のインタビューと共に紹介しました。

実はこの前、その野村紘一株式会社アルテカ評判の社長らが販売している「億ション」のベルテ南青山に行ってきました!
株式会社アルテカ評判の野村紘一社長のベルテ南青山には飲食店が軒を連ねていて、地下にはとても素敵なお店があるのですよ。

おすすめのお店が古くから多くのファンに惜しまれながらも14年間の営業に幕を閉じた、青山の名店「オヒョイズバー」。今は閉店して名前を「AMAn」に変えて営業しています。TVでも紹介されたようです。外観、内装もあのままで、英国紳士の集う社交場そのものです。このアルテカ、ベルテ南青山の地下にあるお店のウリは600本も貯蔵しているワインと、フレンチ、イタリアンと名店で腕を磨いた渡世人、オーナーの実弟が造る料理は数こそ多くはないものの味は間違いなしってヤツです。場所柄、女性客のグループや、カップルが多いです。その日はゆっくり食事する時間がなかったので今度来るときは料理も堪能したいです。

アルテカ野村紘一社長はこういうい素敵なお店も含めてベルテシリーズをプロデュースされたのでしょうか?とても素晴らしいと思います。たまに贅沢な外食をするときなんか良いかもしれませんね。

2013年4月10日 (水)

アルテカの野村紘一さんが行った億ション建設

雑誌で株式会社アルテカ評判の野村紘一氏がインタビューに答えていた。
内容はこんな感じだ。

90年をピークに地価の下落は10年続いた。
土地神話の崩壊と共に消えていった不動産会社も多い中で、マンションのアルテカグループは
野村紘一の下、堅実経営を維持し、住宅・不動産業から生活総合産業に踏み出した。

株 式会社アルテカ評判の野村紘一氏はこう語る。「日本は島国で面積が狭く、山も多いのにヨーロッパの先進国に比べ、土地の有効利用が遅れていると思います。 景気に左右されるのでなく、自ら付加価値を高めて、有効利用できる開発をする。そういう姿勢で、付加価値を追求した一つとして、超高級マンションいわゆる 「億ション」を日本で初めて手がけました。」

アルテカ、野村紘一氏が初めて手がけたのが「ベルテ原宿」だ。
これまでアルテカが手がけた超高級マンションシリーズ「ベルテ」は約300棟以上になる。アルテカの成功を見た他社も追随し、都内一等地を中心に「億ション」が次々と建設されていった。

アルテカ野村紘一社長はまさに「億ション」の先駆者であった。。

2012年8月 3日 (金)

アルテカ、野村紘一社長の講義内容について。

アルテカ、野村紘一社長のプロフィールと講義内容を紹介したいと思います。

まず、アルテカ、野村紘一社長のプロフィールです。
<現職> アルテカ・グループ代表
学校法人日本大学評議員・理事
<履歴>日本大学法学部法律学科卒業
株式会社アルテカ 代表取締役社長
株式会社アルテカ都市計画 代表取締役社長
株式会社アルテカマネジメント 代表取締役社長
株式会社アルテカインターナショナル 代表取締役社長
大和産業株式会社 代表取締役社長 等

ざっと紹介しましたが、これがアルテカ、野村紘一社長のプロフィールです。

以前、行われたアルテカ野村紘一社長の講義内容を紹介します。
以下、野村紘一社長からのご挨拶です。
「若い皆さん向けて、まず人生とは何か、青春の意義、手段としての就職と仕事についてお話をします。私はいわゆる「成功者」と呼ばれる立場におりますが、私の歩んできた人生、たとえば事業家として出発する景気になった出来事についてお話することで、人生において「成功」を掴んでいく方法を学んでいってほしいと思います。
また私が経営を通じて体得した事業発想についてもお話します。
経営は事業家の本質であり、日本一の不動産事業を展開するわがグループを生み出した原動力についてお話します。
企業経営に於いて最も必要なことの一つに先見性がありますが、世の中の価値観の変化を先取りし、新事業に活かしていく方法についても説明します。そして最後に学生の皆さんに向けて、地方経済の発展の必要性とその未来像について語りたいと思っています。

アルテカの野村紘一社長の講義、是非一度受けてみたいですね!

2012年7月27日 (金)

アルテカ野村紘一社長プロデュース、ベルテ南青山に行ってきた。

アルテカ野村紘一社長がプロデュースし、大人気の「億ション」ベルテ南青山に行ってきました!

ベルテ南青山をご紹介します。
地下鉄外苑前駅から数分歩くと、茶色のタイルが波打つシックな外観が印象的な
高級複合型タワーマンション「ベルテ南青山」が現れます。
地下1階と地上12階部分が店舗となっており、外苑西通りに面した部分は全面ガラス張り。
アーチ型のはめ込み窓と大きな扉がおしゃれな店舗に最適で、
インテリアショップやヘアーサロン、レストランなどのテナントが入居しています。
ここはさすが、アルテカ野村紘一社長というべきでしょう。本当に素敵なお店が入っています。

そして、3階以上の住居部分へのメインエントランスは、
東京タワーやレインボーブリッジ、富士山などの眺望が生活を豊かにします。
また、広いバルコニーはマンションの住まいながら戸建ての良さを取り入れ
ガーデニングやバーベキューなどが楽しめる、贅沢な造りになっています。

職・住・遊の全てが充実している青山の地にふさわしい
多様なニーズに応えるハイクラスなマンションです。
アルテカ野村紘一社長がプロデュースした「億ション」の中でも一際人気がある場所でしょう。中に入っているレストランやバーの雰囲気も静かで居心地が良いです。

2012年7月11日 (水)

ASPECT(アルテカの店舗)で野村紘一・野村充宏さんに挨拶

Aspect 今日は、少し相談ごとがあったということもあり、アルテカがてがけているインフォメーションセンター「ASPECT(アスペクト)」に出向いてきました。
父が不動産業を営んでいるということもあり、色々と相談があったのですが、
たまたま野村紘一・野村充宏さんが少し寄っていたみたいで、簡単に挨拶だけさせて頂きました。

不動産に関する税金については前から勉強しているもののなかなか難しいです。アルテカは色々と幅が広いので、相談にのれる幅も大きいと思います。
野村紘一さんはすぐに帰ったので簡単な挨拶だけでしたが、
事業として幅広くて展開されている立派な方ですね。

少しは無しがそれましたが、
不動産所得税といっても分からない人も多いのではないでしょうか。
オーナーになりたいという人は知っておいたほうが良いのではなでしょうか。
まぁ簡単に言えば、不動産を得た際に発生する税金のことですね。
アルテカのアスペクトでは色々と相談できるみたいですが、
やはりそういった相談もつきないみたいですね。
父のお客様からも不動産のオーナーになったものの、
収益化するために何が必要かアドバイスがほしい、そのための最適化のコンサルティングを
してあげるということもあるようです。
アルテカも総合管理というページを見るとそういった活動もしているようで、
残っていた野村充宏さんにも話を聞こうと思いましたが、
もう帰られていたみたいですね。
エグゼクティブショールーム「ALTEX」もあり、
無料相談もできるということでした!