2016年11月25日 (金)

野村紘一が広めた億ションと超高級マンション

じる言葉として使われていますが、その始まりは1975年に原宿にできたベルテ原宿にさかのぼります。当時の相場から考えると、1億円以上するマンションというのは絶対売れないだろうとだれもが思ったのですが、これが富裕層にかなり好評であっという間に売れてしまったのです。ちなみに当時の3LDKの都内のマンション相場は1500万円でしたので、この時代で1億円越えというのは、もはや驚愕の価格設定でした。
ベルテ原宿を考案したのが、アルテカ社長の野村紘一さんです。家を購入するなら一戸建てといった時代の中、1億円以上するマンションを作ってしまったのですから、あらゆるところから注目されました。野村紘一さんは、景気に左右されるのではなく自ら付加価値を高めて有効利用する開発を進めていく事を考えました。1億円越えというだけでも注目されましたが、5年後には価格は20億円を超えるものまで出てきていますし、今や1室で30億円というマンションも登場しているぐらいです。
そんなに高額なのになぜ売れるのかというと、やはり付加価値が非常に高いという事が一つ挙げられるでしょう。セキュリティーが高いのは当たり前で、高層化することでその景色を楽しむことが出来たり、コンシェルジュがいる事で24時間快適になったり、マンション内にトレーニングスタジオがあるというのも最近増えてきました。そのマンションに住むステータスでもありますし、マンションから移動することなくトレーニングが出来るとあって、今筋トレブームも健康ブームもありますので人気が高いです。また、高層マンションの中には高層階にバーが設けられているところもあり、来客を呼んでその夜景とともにお酒を楽しむことも出来ます。
億ションは高額ですが、立地が良かったり付加価値があることで資産として考えることも多いにできるのです。

2016年11月18日 (金)

野村紘一といえば高級マンションの発掘者

今や億ションと言えば誰にでも通じますが、その言葉が作り出された時は、そんな高い物件が売れるのかと言われていました。マンションの相場が数千万円という時代に、1億円以上のマンションを作ったのが野村紘一さんです。野村紘一さんはアルテカの社長で、今当たり前に売られている億ションの先駆者と言われている人物でもあります。
マンションのメリットは色々あります。ゴミがいつでもマンション内のゴミ捨て場に出す事が出来たり、庭の掃除をしなくても良かったり、といった事だけではなく、今の高級マンションにはもっと素晴らしいシステムが有ります。管理人といった掃除などをしてくれる人ではなく、コンシェルジュがいるマンションでは、クリーニングの手配やタクシーを呼んでもらったり、生活に必要な事のお手伝いをしてもらう事が出来る場合もあり、一人暮らしの方でも快適に暮らす事が出来ると話題です。また、マンションの共用施設にトレーニングスタジオがあったり、バーやレストランがあるところも人気です。高層マンションですと、上層階では夜景を見ながらお酒を楽しむことができますし、共用広場として広い部屋を貸し出しているところもあり、コミュニティーとして使うことも出来ますのでお勧めです。
高層マンションは今次々と立ち並んでいますが、一昔までは1億円を超えれば高額というイメージがありましたが10億円以上のマンションも今増えていますし、メゾネットタイプになっていたりと、その広さやラグジュアリー感もさらにアップしている状態です。中国人の爆買いに伴い、マンションも次々買われるケースもありましたが、オリンピックを目前にして都心部にはまだまだ次々とマンションが建築されていますので、今後の展開にも注目されています。
野村紘一さんが広めた億ションという言葉は、今は流行という物を超えてそれが当たり前になっている時代的な背景もあるので、注目されています。

2016年11月11日 (金)

日本の住環境の未来を切り開いた野村紘一氏について

1975年に野村紘一氏がプロデュースしたマンションが、1億円以上する高級マンションブームの先駆けとなりました。都内にあった3LDKのマンションの平均価格が1500万円だった時代に同氏は1億円を超えるマンションを建設しています。当初は売れ行きを不安視する声もありましたが、実際には多くの消費者から受け入れられることになりました。現在では日本各地に1億円以上するマンションが建設されるようになっています。同氏が高級マンションのプロデュースを始める以前は、家を購入するならば一戸建てが当たり前の時代でした。多くの人がマンションをアパートの延長線上に捉えていた時代です。しかし野村紘一氏は日本の国土面積の狭さや土地有効活用が欧米よりも遅れていることを痛感し、マンション開発を手がけるようになります。景気に左右されるのではなく自ら付加価値を向上させ限られた土地を有効活用すれば、日本の住宅文化を豊かにできるという思いが根底にありました。当時同氏がプロデュースした1億円を超える高級マンションは大きな反響を呼び、マスメディアでも大きく取り上げられています。その後高級マンション市場は拡大し、1室が20億円を超えるものも現れます。高級マンションは日本経済の発展を象徴する存在となりました。
野村紘一が高級マンションのプロデュースを開始した当初は、先行きを不安視する人もいました。しかし同氏はいずれ高級マンションが求められる時代が来るという確固とした自身があり、勝負に打って出ます。当時の日本は高度経済成長期を経て家電や自動車が普及し、人々の生活レベルが向上していました。しかし住環境がそれに追いついていない状況だったため、野村紘一氏は日本の住環境も欧米レベルに到達しないといけないと強く感じます。潜在的なニーズを確信した同氏は、高級マンション開発を決断し実行に移しました。現在では1億円を超える高級マンションも増えましたが、野村紘一の決断が新しい時代を切り開いたと言えます。

2016年11月 5日 (土)

野村紘一さんのセミナーに行きました。

子供の頃からデザインに興味を持っていました。デザインと言っても特に、インテリアに興味を強く持っていたのです。それ以来、様々な物件を見ていくことになりました。いつの日か自分でマンションに投資したいと夢を持つようになったのです。マンションの投資をするためには、多額の資金が必要であると考えていました。安い月給である自分には無理かもしれないと思い、初めは引っ込み思案になっていたのです。
投資を始めてもきっと上手くいくことはないと感じていました。大きな失敗をしてしまうくらいであれば、初めから挑戦しない方が良いのかもしれないと思って弱気になったこともあります。一人で考え込んでいると、マイナス思考になってしまいました。そのような時に、ビジネスについて詳しく知っている同僚からセミナーに参加をしてみることを提案されたのです。しかも、投資関連のセミナーであったために、すぐに興味を持つようになりました。新しい考えを少しでも学ぶことができれば良いと思ったので、気軽な気持ちで参加をしてみようと思うようになったのです。その結果、野村紘一さんが開催していたセミナーに参加することになりました。
野村紘一さんのセミナーにおいては、様々な話を聞くことができるようになったのです。今までマイナス思考で考えていたことも、前向きに考えられるようになりました。一番の収穫は、前向きに考えていくことの大事さであったと思っています。失敗を恐れてばかりいても、成功することはないということを強く感じました。野村紘一さんの言葉はとても心に響くものであったので、もっと話を聞いてみたいと思うようになったのです。それ以来、毎日のように野村紘一さんに注目をするようになりました。機会がある時には、再び野村紘一さんのセミナーに申し込むようにしました。今後は投資の夢を実現するためにも、もっとセミナーを数多く利用していくつもりです。前向きに取り組みます。

2016年10月31日 (月)

野村紘一氏の等価交換方式と税法上での利点

不動産投資に興味を持つ人の中には野村紘一のことをご存知の人も多いと言えましょう。不動産投資は毎月一定の家賃収入が見込めるため、将来的な生活の中での収入の保証を得られるメリットを持ちます。投資には高額な資金が必要になりますが、野村紘一氏が発案者でもある等価交換方式による不動産投資なら資金が足りない人でも土地さえ所有していれば投資も可能になる魅力を持っています。等価交換方式は野村紘一氏が国内で初めてスタートした投資方法です。資金が足りないけれども不動産投資を行って土地を利用して行きたい人々からの注目を集めたのではないでしょうか。
土地は更地の状態にしておくと固定資産税の評価額が大きくなるので、建物がない状態よりも多くの税金を納めなければなりません。そのため、節税対策で駐車場経営を始める人も少なくありません。駐車場経営も一つの不動産投資ではありますが、家賃収益と比べると利益率は少なくなりますし、駐車場経営の場合は場所に応じて利用者数が確保出来ないこともあるので、リスクを考えておく必要があるわけです。
等価交換方式は土地を提供して、その一部をディベロッパーに所有権を移す部分譲渡と、すべてを移す全部譲渡のいずれかで行うのが特徴です。野村紘一氏が代表者になっている株式会社アルテカなどの場合、実績を多数持つディベロッパーなどからも、全部譲渡でも安心して等価交換方式での投資も安心感があります。しかし、全部譲渡の場合はディベロッパーに土地の権利をすべて渡すことになるため、悪徳業者などの場合土地を奪われてしまうなどのトラブルが起きるケースもゼロではありません。部分譲渡方式の場合であれば、土地すべてをディベロッパーに渡すわけではありませんのでリスクを回避することが出来ますし、この場合建物の一部分の所有権を土地の一部と交換する形になるため、名義変更により生じる不動産所得税や登録免許税など、税務上でのメリットに繋がります。

2016年10月25日 (火)

野村紘一のブランド化戦略とは何か

野村紘一は、アルテカと呼ばれている不動産会社の経営をしている一人になりますが、この不動産会社の特徴は、高級なマンションを建築しそれをふさわしい人に販売することです。この会社はすでに40年以上の歴史を持っていますが、昔から同じようなこだわりを持っているのが特徴です。どのようなこだわりかといえば、東京の一等地にふさわしい高級なマンションを建築するこだわりです。現在では高級なマンションが当たり前になっていますが、1975年に野村紘一はこれから新しい時代が来ると予想し、当時ではほとんど見かけることができなかった高級マンションの建築に取り掛かりました。まだ一戸建て住宅ややすいマンションが中心の東京でしたが、そんな中で高級マンションの建築に成功することになったわけです。
そもそもなぜマンションの中でも高級なマンションが成功したかといえば、やはりその時代とその場所にマッチした建物だったからでしょう。時代とは、まだ日本の景気が右肩上がりのことでしたので高級志向を持っている人が増えている状態でした。それにもかかわらずその人たちの要望にぴったりのマンションがありませんでしたので、あえて思いきり高級レベルなマンションを建築することで人々の欲求を満たしたわけです。
結果的にこれは、現在理由ところのブランド化戦略と呼ばれるものになります。ほかの業者には決して真似ができないようなブランド化をもつことにより、独自性を貫いていくわけです。これにより結果的にほかのマンションでは作ることができないような品質を維持することができました。ブランド化と銘打つためには徹底してブランド戦略にこだわり、細かいところまで高級さを演出していきます。それは何もマンションの建物の中だけでなく、外の部分も同じになります。樹木の配置や全体の調和などを考えより魅力的な配置を考えました。そこに住んでいるだけでどこかいやされるような高級なマンションは、ほかにはない独特の魅力を放っています。

2016年10月20日 (木)

野村紘一が考えた面白いビジネスとは

野村紘一さんは不動産会社としてアルテカと呼ばれる会社を作り出しました。この会社の特徴はマンションを建築することですが、大手のゼネコンなどとは異なり少し独自の路線を突き進んでいるのが特徴になります。野村紘一の目のつけどころはなかなか素晴らしく、その時代の先を読んだ考え方を持って実際に行動しているところです。具体的な例をあげると、1975年に建築したマンションがこれにあたります。現在ではあまり考えられませんが、当時の東京の一等地ではまだ一戸建て住宅が多くマンションはそこまで数が多くありませんでした。当然マンションはありましたが、いわゆる有名人が居住したり金持ちが居住するような高級マンションと呼ばれるところはほとんどなかった状態です。
そのような時代に、あえて高級なマンションの提供しようと考えたのはやはりほかの会社が行っていないことをしようと考えたからでしょう。それと同時にこれからの時代は高級路線な人が確実に出てくると考えたこともあります。日本は、不動産バブルのころはかなり成金の人が多く高級なものも簡単に購入する時代でしたが、1975年ごろはまだそこまで高級路線を貫いている人は多くありませんでした。ですがこのまま日本はまだ成長し続けると確信した野村紘一さんは、あえてそのようなマンションを建築することで、他にはないものを提供していくことになります。
ところが平成時代になり、不景気な時代になったことでそのようなマンションは見向きもされないのではないかと不安が出てきました。ですが実際には、やはりお金持ちが存在し高級なものを手に入れたいと考えている人は少なくありません。そのような人たちに対してこだわりを持ち、その人たちにふさわしいマンションを提供し続けることで生き残ることができています。それは単に値段が高いだけでなく設備や見た目そして立地にこだわりそれぞれにふさわしい形に仕上げているのがポイントです。

2016年10月15日 (土)

野村紘一とアルテカの存在とは一体何か

野村紘一は、東京の不動産をビジネスとして行ってきました。その歴史は古く、すでに40年の時間が経過しています。現在は東京にたくさんのマンションがありますが、1970年代はまだそれほど多くのマンションが東京にはありませんでした。厳密に言えば、東京の一等地と呼ばれるところはまだ今よりも土地に余裕があり、一戸建て住宅の建築が多かったほどです。その中で野村紘一は、東京の一等地にマンションを建築するといった計画を持ち出しました。しかも、マンションではなく1億円以上する部屋が立ち並ぶ億ションと呼ばれる建物を建築しようとしたわけです。
なぜそのような冒険的なことをしようと考え方かといえば、やはり高級なものは高級な場所にあってこそ初めて意味をなすと考えたからです。実は人々にはそれぞれ価値観があり、安いものをよしとする人もいますが、高いものでないと納得できない人も少なくありません。これはそれぞれの生活環境によってその価値観がつくられますが、昔から東京の一等地に住んでいたような人は、高級志向を持っている可能性が高いです。例えば、住宅一つをとっても、そこにすむならばある程度高級な建物がよいと感じており、おカネに糸目をつけない人が必ずいます。これは現在でも同じですが、いくら不景気の世の中とはいえ高いものでないと購入しないといったこだわりを持っている人が少なくありません。
そのような人たちの要望は必ず埋もれているはずだと確信し、結果的に販売したところそれが大成功につながるわけです。このように、不動産ビジネスとして重要な役割を果たしてきました。現在のような不景気な時代の中では、安いものがよいとされる世の中の風潮が出てきています。ですが、安いものはやはり安いものとしての価値しかなく、高いものは依然として高いものの価値があります。結局はどちらがよいか価値観の問題になりますが、一等地と呼ばれる場所にふさわしい建物を建築することがアルテカの役割です。

2016年10月10日 (月)

高級マンション開発の草分野村紘一

日本の高級マンションの草分的存在であり野村紘一氏を代表とする株式会社アルテカは、本社を青山に構え1975年に設立されました。創業の年に『ベルテ原宿』が開発され、当時都内の3LDKのマンションの平均価格が1500万円だった時代に、なんと1億円のマンションを誕生させたことで大きな話題となりました。いわゆる「億ション」という言葉が生まれたのもこのときでした。
1億を超えるようなマンションが売れるわけがないという冷ややかな声も多く聞かれる中、野村紘一氏はビジョンを持って高級マンションの建設を進めていきました。70年代の日本では一軒家が主流であり、マンションもアパートの延長線上にあったため、そこに価値を見出す人は少なかったのですが、野村紘一氏は付加価値の高いマンションを求める人は必ずいると確信していたようです。そして億ションは即完売という売れ行きで、氏の予想は大当たりとなったのでした。その後、日本の高度経済成長の波もあって高級マンションは次々に建設され、1室20億、30億という桁違いの高級マンションまで登場しました。これもアルテカの先駆的な働きがあったから実現したものです。
アルテカの建てた高級マンションには、多くの同業者の方も見学に訪れるようです。それに対して野村紘一氏は断るようなことはせず、見ていただいているそうです。その理由が興味深く、それはアルテカは同じマンションを2度と建設することはせず、常に新しいものを追い求めていく姿勢を貫いているので、すでに完成したマンションを見てもらっても全く構わないということのようでした。
野村紘一氏が追求する高級マンションとは、単なる豪華さだけを極めるのではなく、品があり格式があり、そして更に重要なのは様々な高付加価値を細かく加えていくことによって良い高級感を与えていくことです。たとえばロビー空間を大きくとったり、戸建住宅ではできないようなダイナミズムや室内の空間作りが重要と考えているとのことでした。

2016年10月 4日 (火)

野村紘一は不動産に対する深い見識を持っています

今でこそ誰もが知っている言葉となった億ションは、アルテカの野村紘一がそもそも手がけたものです。振り返りますと、1990年をピークとして10年は地価が下がり続けました。引きずられるようにして、土地神話の崩壊と共に実に多くの不動産会社が姿を決していったのです。
そんな中、マンションのアルテカグループは野村紘一の優れたリーダーシップのもと、堅実経営を維持しつつ、不動産業から生活総合産業への衣替えを図っていきました。
まさに華麗な転身と言えるでしょう。野村紘一はマンションに付加価値を徹底して追求し、超高級マンションすなわち億ションを日本で初めて手がけたのです。また、建物ばかりでなく、土地活用についてもアルテカは非常に意欲的です。土地活用には幾つもの種類があります。その土地ごとで、収益性もリスクも異なっています。
つまり、短期間のうちに多額の現金を得たい状況と、長期的スパンで安定的な収入を得たいシチュエーションとでは、採用すべき活用方法は違ってくるというのは言うまでもありません。さらに、それぞれの活用形態としても、その土地の立地条件や周辺の環境によって向き不向きが出てくるのは当然です。現時点での総合的な財産状況から判断して、いま抱えている課題を明確にし、あわせて活用する土地の持っている特性を見極めた上で、ベストの活用方法を選択しなければなりません。
それだけに高度の専門知識と経験を持った人や会社に相談することが事の成否を決定づけることとなると言っても過言ではありません。株式会社アルテカ、あるいは野村紘一の名前が出てくるのはそういった背景があるからです。現代という時代においては、土地の資産性は下がっているというのが現実です。逆に、土地を持っているというだけで固定資産税や都市計画税、あるいは、将来的な相続税の可能性という負担もあるのです。活用が困難だと判断すれば、売却の選択肢も浮上してきます。アルテカの野村紘一であれば、最適の回答を出すに違いありません。

«アルテカを成功に導いた野村紘一氏