2017年6月20日 (火)

不動産業界で新しい制度を作った野村紘一

野村紘一は日本で初めて1億円を超えるマンションを売り出した人として有名です。今なら1億を超える物件は珍しくないですが、1970年当時は東京都内でもマンションの価格が平均で1500万円ほどです。
その時代に1億円のマンションを売るという大胆な戦略により不動産業界で注目されるようになります。1975年に自分の会社をつくった野村紘一は、試行錯誤を繰り返しながらも創業の年を黒字で終えます。現在まで無借金経営を続け、高級マンションを売り続けています。
野村紘一は土地に合う建物を意識してデザインと設計を考えます。同じマンションを作ることはせず、個性のあるマンションを作ることで成功しています。野村社長のビジョンは生活総合産業で、衣食住すべて貢献できるようになりたいと語ります。
最近では日本のマンションでもコンシェルジュサービスを提供する物件が増えています。野村社長が経営する会社では幅広いサービスを提供し、独自の不動産有効活用法を持ちつつオーナーにとってメリットがある様々な提案を行います。日本初の等価交換方式を採用して躍進した野村社長は、ハワイにも現地法人を持ちます。成長が著しいアジアでもリサーチ事業を展開し、グローバルに活躍しています。
野村社長の会社では人物重視で採用を行います。真面目さや素直さを重視し、向上心のある人材を求めます。会社の顧客は富裕層が多く、社会的な地位も高いです。野村社長は業界のオピニオンリーダーとして最前線で挑戦を続けています。エネルギーの源泉は日本を明るく元気にしたいという想いです。
実務を熟知している野村社長は、マーケットを競合している会社と奪い合うのではなく、マーケットを広げるという発想を持っています。創業1年目から無借金経営を行い黒字経営を達成できたのは、本質的な考察をもって高い付加価値をつけてきたからです。野村紘一の経営哲学は様々なインタビュー記事で知ることができます。

2017年6月13日 (火)

野村紘一の経営者として考え方に感動しました

最近、ある会社の代表である野村紘一さんを紹介している記事を読んで、たいへん感銘を受けました。日本経済は長期間停滞していますが、今の日本にこそこのような人が必要とされているのではないでしょうか。野村紘一さんが率いる会社は不動産関連事業を行っていて、創業は昭和50年とわりと古いです。同社の特色は、なんといっても日本初の超高級マンションを売り出したことでしょう。
創業当時、都内の3LDKマンションの平均価格は1500万円くらいが相場だったそうですが、野村さんはそこへ1億円もするマンションを投入したんです。発売当初は、そんな高いもの売れるはずがないと悪口を言われたこともあったそうですが、野村さんは怯むことなうチャレンジし、結果として大きな反響を呼び売上もどんどん伸びたということです。彼は不安もあったそうですが、これからの日本は住居のレベル向上が必要不可欠になるだろうという見通しをもっており、それに合わせて高級マンションを売り出したわけです。すごい度胸ですし、素晴らしい先見の明がある方だと尊敬してしまいます。
今の日本はデフレ状態で、消費者の志向も安いものに向かっていますが、日本経済を発展させるには、野村紘一さんのような高級志向で売り出していく経営者がもっと出てきてもいいのかもしれません。野村紘一さんが偉大だなと思ったもう1つのエピソードが、真似されることを嫌わなかったことです。野村さんの成功を見て、同業他社がどんどん高級マンション販売に参入するようになり、見学会にスパイなども送り込んできたことがあったそうですが、野村紘一さんはそれを拒むことなく全部受け入れたんです。度量の広い方だなと感心するしかありません。同業者を受け入れた背景には、同社では二度と同じものを作らないというポリシーがあり、真似をされてもべつに構わないという考えがあったからのようです。時代の先駆者はやっぱり考えることが違うなと本当に感動しました。

2017年6月 7日 (水)

野村紘一が考えるこれからの日本

将来の日本のことに対して興味を持っています。もちろんそれはこれからの日本で生きていくことにほかなりませんが、将来のことを予測するとさまざまなものが見えてきて面白いです。最近よくある考え方としては、日本の景気が悪くなり明るい将来が見えないため自分自身の将来も暗いと考えている者たちです。一見そのような考え方はもっともな意見のように思われがちです。
ですが、そもそも日本のなぜ将来がくらいと自分自身の人生も暗くなるのか理由が明確ではありません。おそらく、国に依存し過ぎてしまっている人がそのように考えてしまうのでしょう。例えば年金の話がそうですが、年金は今の70代の人と今の20代の人ではもらえる金額が全然違うことになります。また、就職する場合も40年前に会社員になった方とこれから会社員になる方あるいはすでに会社員になって10年ぐらい経過した人では立場が全く異なります。
このように考えると、これから将来生きて行く人よりも、すでに今まで生きてきた者の方が有利に感じるはずです。景気の良かったころは何でも自由にできたし良い思いをできたと考えるかもしれません。そのような昔生まれた人の話を聞くと悲壮感が漂ってくるイメージはわかります。しかしながら、国に依存しない生き方をすればそのようなことで悩む必要がありません。
そもそもどんな世の中でもお金に困らない人や結婚相手に困らない人あるいは幸せに暮らしている者がいるはずです。なぜ自分自身がそのようにいられないと決めつけてしまうのか疑問です。わざわざ自分の将来を自分の国に合わせて悲観的に考える必要は全くないでしょう。むしろ、自分の将来を明るいと信じることが必要になります。
ではどのようにしたらそのように考えられるかといえば、周りのキャラと同じことをしないことです。おそらく、周りの人と同じことをしていたら自分自身も泥船に乗ることになるためこれを避けなければなりません。将来幸せに暮らすためには、そのような視点をいつも持ち生きていくことが大事になります。野村紘一のような業界のパイオニアを目指しましょう。

2017年6月 2日 (金)

野村紘一がマンションに付加価値を持たせる理由

相続した土地に対して利用価値を提供できることも野村紘一の強みのひとつです。東京都心部のように地価の高い環境では、受け継いだ住まいのままでは課税額が莫大なものとなることが多く不動産の売却を検討する必要も出てきます。野村紘一は相続した土地を売却することなく有効活用する技術で定評があるのですが、最大のポイントは付加価値を持たせている点です。
鉄筋コンクリート建築の建物は70年を越える耐用年数があり、長期的に暮らせる物件に仕上がります。建物の耐用年数が長くても排水管などの設備は自然に経年劣化しますので、リフォーム費用の確保が必要です。マンションで問題となるのはマンション管理組合で議決がまとまらずに大規模リフォームが必要な状況なのに工事を実施できないことも起こりえるなど、維持管理の困難さも挙げられます。野村紘一はマンションに付加価値を持たせて、高級マンションに整えることに成功しているのもポイントです。高級マンションですからリフォームコストが高くなるのは前提になっていますし、土地の所有者も入居することで現実的な運用が可能になっているのも重要と言えます。不動産投資物件としてのマンションでは、必要最小限のリフォーム工事しか実施できないリスクも伴うのですが、所有者が自ら入居している高級マンションの場合は快適に暮らすための努力がスムーズに行えるメリットがあります。
野村紘一は高級マンションを商品で取り扱っているのではなく、人生にとって必要不可欠な要素として変えがたい存在であると位置づけています。ときには贅沢さや高級感も演出して、結果的に入居者が満足する空間に整うので、付加価値を持たせることで、建物の物質的な安全性だけでなく、一歩進めた快適さや効率良さまで維持管理しやすくなっています。
野村紘一ならではの手腕と言えるのも、土地所有者に対して親身になって運用のアドバイスや提案を行なってきていることも強みです。

2017年5月30日 (火)

野村紘一の手がける超高級マンションが売れる理由

野村紘一は日本に億ションの概念を浸透させた人物ですが、単に高いマンションを作って売り出しただけではありません。お金持ちというのは価値のあるものであれば、それがいくら高くても購入をしますが、逆に価値がないと思えばどれだけ安くても決して買うことはありません。価値があることを認めさせることができれば良いお客さんになってくれるのですが、その目は厳しいものがあり硬い財布の紐を緩ませるのは決して楽なことではないのです。
野村紘一は日本に富裕層向けのマンションが存在しない時代に、超高級マンションを販売すれば売れると考えました。
全てのお金持ちが必ずしも一戸建てに住みたいと考えるわけではなく、現状で一戸建てに住むお金持ちが多いのは単純にそれらの人に見合ったマンションがないからだと考えたのです。どれだけマンションという住宅の様式に魅力を感じたとしても、お金持ちがわざわざ庶民の住宅に好き好んで住むことはありませんから、そのニーズを掘り起こせば売れると踏んだわけです。
そこで、野村紘一はお金持ちが何を求めているのかをよく考えて、開発した土地に付加価値を付けお金持ちが欲しいと思えるようなマンションを作り上げたのです。単純に見てくれだけを取り繕ったのではなく、全ての面においてお金持ちが望むものが取り込まれていて、欲しいと思わせるものを作り上げました。
超高級マンションなど失敗すると言われた時代にあって、野村紘一が手がけた物件はたちまち人気のになりあっという間に売れるようになったのです。
その後も野村紘一が手がけた物件というのは、お金持ちから支持をされ超高級マンションとして一つのブランドになりました。今の時代の観点から見れば成功が約束されたように見えるものであっても、そこにはしっかりと相手が何を求めているのかを理解する力があり、それを実現することができるからこそ、今なお億を超えるマンションであっても売れ続けています。

2017年5月24日 (水)

野村紘一氏は時代の先駆けとなったので成功した

野村紘一氏は時代の先駆けとなったので成功したという事になるのかもしれません。今では億ションというようなマンションは別に珍しい事ではありませんが、昔はそのようなモノは無かったわけで、これを時代に先駆けて造ったのが野村紘一氏という事です。今ではそれだけの魅力があるのだから当然という事を考えるかもしれませんが、当時はそのようなモノは無いわけですから、そのような需要があるかどうかは当然分からないという事になります。
しかも、日本はバブルが崩壊して贅沢は敵だというような時代が続いたわけですから、この考えがいつ否定されてもおかしな事にはならなかったでしょう。そのような時でも同氏は常に自分の考えを変える事無く一貫して良いものを最高級のモノを提供するという事をやり続けました。それには当然大きなリスクも抱えたはずですが、そのリスクを取る事を選択したからこそ今の同氏の成功があるという事になるのかもしれません。既に今では同氏が手掛けるアルテカの物件は超優良物件として世間的に知られるようなところまで来ましたから、今ではもう業界ではその名前を知らない人は居ないというようなところにまでなる事が出来たわけです。これは時代の先を常に見ていたからで、その信念を変える事無く継続してきたという事に価値があるといえるのかもしれません。この継続という事が人はなかなか出来ない事で、どれだけ自分の考えに自信があったとしても、それを長く続けるという事はなかなか出来る事ではありません。今は既に成功していますから、それが当たり前のように見えるかもしれませんが、そのような事が当たり前ではなかったからこそ、誰も同氏のような事はしていなかったわけです。そのため、まさに独壇場で出来たという事になるのかもしれませんが、それはビジネスにおいては大きな意味を持つ事は当然で、それだけ市場を先に占有することが出来るわけですから、後にこれが優位に働くことも当然でこうした事も見据えていたのは間違いなさそうです。

2017年5月17日 (水)

野村紘一氏は積極的に土地活用を行っている

野村紘一氏はこれまで多くのマンション建設に関わってきましたが、土地選びに強いこだわりを持ってきました。その理由として、マンションを建設した後も、価値の下がらない物件を維持したいと考えたからです。家やマンションを建設した後、一度でも入居をすることで中古扱いになってしまいます。誰でも中古物件より新築を好むのは当然のため、必然的に価値が下がってしまうことになります。
しかし野村紘一氏は、中古物件ということで価値が下がったとしても、他の要素で挽回することは十分に可能だと考えています。価値を維持する方法の1つは、耐久性の高い優れた建築素材を使用するということです。頻繁に補修をしなければならないような建築資材を使っていたら、価値が下がるのは当然だからです。メンテナンスの回数を少なく抑えることができ、さらに補修しやすいものが1番望ましいです。そしてもう1つは、建築物というのはそのものだけでなく土地にも資産価値があるということです。
土地の価値は国が定めていますが、その基準として住み心地が良く便利であり、需要が高いということが考慮されています。古い建築物になって取壊しが必要になった場合でも、その土地を所有していて、再び新しいマンションを建設すればその価値は下がることはありません。もしかしたら土地の価格はそのままで、新築マンションを建設することで、さらに人の流れが増えるので全体の価値は上がることも良そうできます。
野村紘一氏は、これから資産運用として土地活用を考えている人には、まずは土地選びを慎重に行うことが大事です。いまだに日本には土地神話というものがあり、実際にそれは続いています。土地を持っていれば、紙くずにならないという考え方は一方で正しいようですが、これからの時代には変化が現れる可能性も捨てきれません。そこで今から価値の下がらない土地というものは何かということを、しっかり見極めることが重要です。

2017年5月10日 (水)

ビジネスをするのではあれば野村紘一氏を見習うべき

ビジネスをするのではあれば野村紘一氏を見習うべきでしょう。同氏は先見の明があったという事は間違いありませんが、それだけではなく、自分の信念を貫くという事をしたところが最も価値が高いと考えられます。ビジネスで最も大切な事がこの信念を貫いて続けるという事であって、これが単なる思い付きと全く違う結果になる要因という事も言えるでしょう。
野村紘一氏は超高級マンションを提供してきたわけですが、昔からこのような超高級マンションというものがあったわけではなく、日本ではむしろこのような超高級マンションはようやく最近になって認められるようになったぐらいという事が言えるのかもしれません。外国では当たり前のようになっている所もありますが、長いデフレで苦しむ日本ではこの事業はかなり厳しいものがあったと考えられます。ですが、その苦しい間に様々な経験をして信頼を勝ち得てきたからこそ今の成功につながっている事は間違いありません。人がやらなかったことをやってきた事で、既にこの業界では独占とは言わないまでも、大きなシェアを獲得するに至りました。つまり、大きな信用を得たわけです。何しろ手掛けているのが超高級マンションですから、そのようなモノを購入することを考えた時に信用できるところからでなければ買う事は出来ないと考えるのは当然という事になります。という事は、誰もやらなかった時代が実績のあるこの同氏が率いるアルテカに受注が集まるのも当然という事が言えるでしょう。
この事からも分かるように誰もしていないときに、自分を信じてビジネスを続けるという事には大きな意味があるという事が分かります。それは市場を独占できるという事もありますし、後にそれが実績となり信用ともなるわけで、既にシェアを獲得している事が、参入障壁となって自分以外の企業の参入を防ぐことにもなるというわけで、これが大きな意味を持つのは当然です。やはりビジネスは誰もしていない事をしなければならないという事でしょう。

2017年5月 4日 (木)

野村紘一氏のマンションに住めるようになりたい

いつかは野村紘一氏が造る超高級マンションに住みたいと考えています。今は当然実現出来るような資産はありませんが、これからビジネスを成功させていつかは野村紘一氏が建てる物件に住みたいという事を自分も感じるようになりました。
これも同氏が良い物件を作っているからという事がありますが、それと同時に考え方も凄いという事が分かったからです。今でこそ確かに超高級マンションというのは富裕層は当然考える物件だと考えられますが、バブルが初めて長期のデフレ不況にある日本では超高級マンションなど見向きもされないという事があったわけです。全ての人が考えていなかったというわけではありませんが、一部の人を除いてほとんどの人が超高級マンションというものの存在すら頭の中から消していたという時期があったことは間違いありません。場合によってはマンションに住むという事もどうかと考えるような事もあったわけで、バブル崩壊後やリーマンショック後ではマンションに住むような贅沢をして良いのかという事すら考えた人も少なくは無いと思います。
ですが、ビジネスを成功させた人がまず考えるのが自分のステータスに合った暮らしだという事は、同氏は確実に知っていたという事が言えるでしょう。その事は一部の富裕層を相手にして来たこれまでの実績から確信は掴んでいたのかもしれません。そして、誰もビジネスを考えていない分野だったからこそ独占的に市場を獲得することが出来るようにもなったわけです。
そのため、ある意味では野村紘一氏の理想だったという事も言えるのかもしれません。そして、今となっては同氏の手掛ける超高級マンションはすぐに買い手が付くような状態となり、自分の様に将来を考える人が欲しいと思えるような物件にまでなったわけで、ようやく時代が同氏が思い描くようなものとなってきたという事になるのかもしれません。もっと早く来るはずだったのでしょうがようやく時代が野村紘一氏に追いついたのかもしれませんね。

2017年4月30日 (日)

野村紘一氏が手掛けたマンションを見学しました

ライフスタイルの変化が起こり、そろそろマイホームを購入したいと考えるようになりました。賃貸は気軽に引越しができるということが魅力ですが、腰を落ち着けた生活をしたいという気持ちになったこともあって、分譲マンションの検討を始めました。通勤や通学に便利なように駅から徒歩圏内の立地であること、病院やスーパーなど日常の用事を済ませやすいことを条件に探したら、いくつかの物件が浮かび上がってきました。
そのうちの1つである物件が内覧会をしていたので、参加を決めました。ただそのマンションは億単位の富裕層向けの建築物を手掛けている野村紘一氏が関わっているものだと事前に知っていたので、手に入れるのは難しいだろうと考えていました。野村紘一氏の手掛けた人気のマンションは、外観は何度も見ていましたが、内装などは今まで直に見たことがなかったので興味を持っていた部分もあります。同じように考える人は多いようで、沢山の方が内覧会に訪れてましたが、肌で感じた雰囲気としては好評なものが多かったように感じました。実際に自分も野村紘一氏の細部にわたるこだわりが伝わってきて、こんなマンションに住めたら幸せだろうと素直な気持ちを抱きました。
共有スペースは広々としているのに温かみがあるのは、内庭が作られていたからかもしれません。住民であれば誰でも好きな時に利用できるようになっていて、都会にいるのに田舎の安らぎを求めることが可能です。一方で最新の防犯設備が導入されているので、安心した住まいになっています。野村紘一氏は、マンションはこれからは快適な住まいとしてだけでなく、生活に密着した役目を果たす必要があると考えていることがわかりました。介護施設の拠点にしたり、学童保育の場にするといった未来設計を持っていることがわかったので、世代を問わずに誰もが楽しく住むことができる場所になりそうだと感じました。富裕層向け以外の物件もあることがわかったので、積極的に検討しています。

«野村紘一氏は防犯において熱心に取り組んでいる